今日は以前質問が多かった「楽な仕事ってどうやったら見つかるの?」という問いに触れてみたいと思います。

その前に「楽な仕事なんてあるか!」と思う人は思想の違いなのか生き方の違いなのか分かりませんが、話が並行するので読むのは控えてくださいますよう前置きします。

さぁ、本題の楽な仕事の探し方、見つけ方ですが、媒体はどんなものでも構いません。

ネットでも新聞でも求人雑誌でもそれほど差は出ないと思いますが、求人雑誌でもこれは避けたほうが良いという求人雑誌はあります。

予め断っておきますが、これは私の経験上のことなので100%ということはありません。

ただその傾向が強いのでは?と管理人が体感的に考えているだけです。

個人的には何故かタウンワークは避けたほうが良いと思います。

理由は一体何のか分かりませんが、憶測でものをいうならば、求人を載せるのに非常に審査が甘いのか、編集のときに多少ウソを書いても構わないという雑誌側のスタンスなのか?

少なくとも管理人はこれで見つけた経験がないどころかブラックな仕事しかお目にかかったことがない。

よってなるべくタウンワーク以外の求人誌で探すのをお勧めします。

それからハローワークもなるべく避けたほうが良いと思います。

これは楽な仕事に特化するのだったらハロワにはほとんどない、少なくとも数々の楽な仕事をしてきてハロワでオイシイ仕事を見つけた経験はありません。


楽な仕事、オイシイ求人は滅多に求人を出さない

これは常識的なことですが、人気のある募集はすぐに埋まってしまいますし、定着率が良いのでなかなか空きがでません。

楽な仕事ほど辞めたがらないのは別にやりたい仕事が決まったとか、引っ越すことになった等、特別な理由がない限りは辞めたがらないのが人情です。

以前私がやってた老人ホームの職直員のバイトで就職が決まった人がいましたが、勿体ないと言ってそれでも辞めませんでした。

逆に言うとしょっちゅう求人を出しているところはどんなにオイシイ謳い文句が書いてあっても絶対にさけるべきです。

広告が小さい

これは手っ取り早く言えば、募集広告に金をかけなくとも応募が殺到するから。

わざわざデカデカと求人を載せなくとも最低限の金額で1回求人を出せば十分。

中には毎週のように何年も同じ求人を載せているところもありますが、これは常識的に離職率が高く、まったくオイシクないのか、人間関係が最悪なのか、いずれにせよ碌な職場ではないことは明確です。

これとは逆に定着率の高い、所謂オイシイ仕事というのはなかなか滅多に求人を出さない傾向があります。

しかも1回こっきり、次に掲載するのは数年後というのも珍しくありません。

出すにしても非常に小さく求人を出すのは特徴です。