よく「そんな楽ばかりしてると将来苦労するよ!」なんて言う人がいますが、そんな言葉はスルーしたほうが賢明です。

確かに何も考えずにその場凌ぎの生き方は考えものでしょう。

しかしながら逆も真なり「キツイ仕事しているから将来は安泰」とはならないわけです。

それどころか現実問題、キツイ仕事をして心身を壊したら目も当てられない状況になります。

前置きしますが、今の時代周知のように社畜をやって定年まで働いても、公務員や大企業でも働いていない限りはとてもとても「安泰」とはなりません。

最近のニュースを見ていても、70歳から年金支給も既定路線だろうし、この先75歳、80歳と・・・年金支給年齢引き上げの時代もすぐでしょう。

その上年金だけでは暮らしていけないという事実も明るみに出たのはもうご存知かと思います。

老後の貯蓄は年金の他、3千万円必要となれば誰でも定年過ぎても働くざるを得ない状況となるのは必至です。

そこで「定年すぎても出来る仕事」が将来的に注目されるのは必然です。

定年すぎても引っ越し屋や人間関係のギスギスしたところの仕事をしようか?なんて人は世の中にまずいないでしょう。

きつい仕事を60過ぎて、70歳までやろうなんて誰が考えますか?

まぁ、そんな奇特な人はひとまず置いておいて、まずは「体力的に楽な仕事をしようか」となるのが人情というか常人の思考でしょう。

この先年金支給年齢が上がれば上がるほど「楽な仕事」というのは注目され応募も殺到するでしょう。

また現役でも将来の貯蓄を考え、副業などをしようかと思った時にわざわざ解体屋の仕事なんぞ選ばないわけですよ。

よって楽な仕事を「成長がない」「やりがいがない」などと現実的な視点で見れない愚者ほど苦労する時代になります。

前述したように必ず楽な仕事の需要は高くなり(今でも殺到状態なのですが)、将来的にやりたいと考えている人は今すぐにでも探したほうが良いと思います。

長く勤められる楽なオイシイ仕事はお年寄りが増えれば増えるほど埋まっていってしまいます。

更に障害者の方や女性の方が働きたいと思ったときにすぐに就けるのは比較的楽な仕事です。

世の中は椅子取りゲームなので、少ない枠を奪うのは今すぐにでも自分が奪うべきです。

甘い考え、世間に流される思考は必ず泣きを見ることになるでしょう。

世間体の「我慢する」から解放され、細く長く続けられる仕事を探し残り少ない人生をエンジョイしながら仕事する、に頭を切り替えることが肝要です。